【アメトーーク】相方のツッコミ最高芸人の基本【ツッコミ】

おはざっす。あずまおうです。

11/2アメトーークご覧いただきましたか?
現代のお笑いにおいて、最も重要とされている1つの「ツッコミ」に
フィーチャーした回となっておりました。

ただツッコミが上手いコンビを集めたのではなく、
それぞれの色(カテゴリ)が特徴的な芸人が集まりました。

今後のツッコミの力を伸ばしていきたい方にとっては必見です。
自分はどの芸人のツッコミに近いのか、また差別化できるツッコミはあるのか、
色々な見方ができる回になっています。

今回は、出演した4組のコンビのツッコミの特徴をまとめました。

では早速いってみましょう。

日本一のツッコミ4人

 

コンビ ツッコミ 特徴
フットボールアワー 後藤 輝基 例えツッコミ
 千鳥 ノブ 方言+ノブ
 ナイツ 土屋 伸之 塙の通訳
 東京03 飯塚 悟志 感情チャージ爆発系

英孝さんもおっしゃっていた通り、
今はツッコミに憧れて芸人になる人が多いようです。

 

【フットボールアワー】 例えツッコミの上手い、ギタリスト

 

現時点でのツッコミの頂点にいる男。
芸能界でも、「あの、例えツッコミをする人、、誰だっけ」と後藤の名前を
完全に置き去りにするほどの腕前。
ツッコミ1本でここまで上り詰めた彼は、正にツッコミの上手い、ギタリストである。

 

【キラーワード】はげとるやないか! カニ食べてんの? 共通部分、肺呼吸だけやで。

 

【千鳥】 神の「じゃ」を持つ男

 

「くせがすごい」で一世を風靡した男。
「ノブ」というツッコミの新ジャンルを構築し、お笑い界を席巻している。
また、同じツッコミフレーズを使いつつ、感情でパターンを分けることができる。
ツッコミは、初めてツッコみを入れているかのような演技が必要。
ノブはそれに長けている。

 

【キラーワード】くせじゃ。くせがすごい。どういうお笑い?

 

【ナイツ】 塙の通訳。ボケと訂正という新ジャンル

 

ヤホーだけではない、土屋の頭の回転の速さに注目してほしい。
基本的に浅草演芸での漫才が多いため、ナイツの漫才は時事ネタが豊富。
土屋は塙のどんな時事ネタのボケにも即座に対応することができる。

また、土屋のツッコミは叩かない
ボケと訂正というのが正しい感じ。
ツッコミに訂正という、新しいジャンルを持ち込んだナイツのような
落ち着いた漫才はなかなかできるものではない。

ボケの塙曰く、ボケの自分はベースで、ツッコミの土屋はギターだ。
つまり、ボケは同じリズムでボケ続け、ツッコミは漫才を奏でるんだ。と。

 

【キラーワード】違うようですけどね。それだと何がなんだかわかりませんが。

 

【東京03】 フレーズじゃない、感情なんだ!

 

他の3組みとの違いは、コント師ということで、
ツッコミの仕方もだいぶ個性的である。

どのコントを見ても、感情がかなり乗っていて、相当なリアリティがある。
ボケたらすぐにツッコむのではなく、ためて、ためて、
最後に感情を爆発させてツッコむ

番組終盤で、フット後藤が、東京03のネタで飯塚の代わりにツッコむという
コーナーがあったが、グダついてしまった。

つまりコントのツッコミの間が、普段の後藤のツッコミの間と違うため、
笑いにできなかったということだと思う。
これより、ツッコミには、相当なセンスと練習量が必要だろうということがわかる。

 

【キラーワード】バカー!!、死ねー!!!、父さん?

 

【まとめ】4人から学ぶ、ツッコミの基本とは。

 

・ツッコミの仕方は、真似をするのではなく、自分のスタイルを確立すること。

・リアリティを出すため、感情を乗せてツッコミをいれること。

・自分たちのツッコミの「」を体に刷り込ませること。

 

 これらのツッコミの基本を会得することで、

 ツッコミの切れ味がどんどんますことでしょう。

 

 最後まで読んでいただき、ありがとうございました!